使いやすいLINEスタンプの作る為に考えておきたい!3つのポイント

皆さんはLINEスタンプを作ったことがあるでしょうか?
近年はツールや業者に頼むことにより誰でも簡単に作れるようになりましたね。

LINEの使用が一般的になるにつれて増加するこのLINEスタンプ作り。
でも実際作ってみると使い心地などの関係でイマイチ…といった声も結構聞きます。
使いやすいLINEスタンプはどうすれば作れるのか、3つの項目に分けて説明します。

・状況や用途を想定する

一番大事な点としてまず、どういった状況で、どのタイミングでLINEスタンプを
使うのかということ。
困ったときには困ったスタンプを、嬉しい時には嬉しいスタンプを使うのは当たり前のことですが
一からスタンプ制作をした場合自分の好みを重視しすぎて使うタイミング想定することを忘れがちです。
結果として似たり寄ったりの物が多く出来てしまったという経験も製作者の方なら一度はあるはず。

こういったパターンにならないために重要なのは汎用性の高い状況での用途を意識すること。
基本的には喜怒哀楽といった感情表現から方向性を決めていきましょう。
人が誰しも持つ感情に沿ったものならばどんなに捻ったものでも送る相手にとってある程度の共感は得られやすく
使う機会も多く存在します。

シュール系の笑いを誘うようなスタンプはこの考えから外れやすいですが
こちらも最低限使い所を考えると面白さもアピールしやすいでしょう。
せっかく作っても使うタイミングが無い!なんてことにならないようにしましょうね。

・それぞれ差別化出来ているか

LINEスタンプの良い点はやはり感情を大きく表せることです。
文を打てば淡々と伝わるものがスタンプを使うことによりテンションの高さを
感じさせることが出来ます。
このような感情の浮き沈みを表す要素はLINEスタンプにとって重要な要素といえますので
出来るだけ一つ一つのスタンプの個性が際立つように差別化しましょう。

絵柄にも寄りますがコツとしては出来るだけ喜ぶ時のスタンプは少し膨張表現気味に明るさを表現し悲しい時のスタンプは
逆に実際の悲しみ具合に沿ったものを作ると見る側に喜びや悲しみが伝わりやすいスタンプとなります。

もちろん悲しいという感情一つとっても、少しなのか、それとも物凄く悲しいのかといった段階がありますので
1~3つほどに表現を分けるとなお使いやすいでしょう。
多すぎてどのタイミングで使えば良いのか、使いたいスタンプが2個あっていつも迷う、なんて状況が起きないように
気をつけてくださいね。

・送られた人が喜ぶような物を心がける

当たり前だと感じる方も多いと思いますが作る事に慣れてない方にとっては意外に
難しいことなんです。ちょっとしたウザかわ系のスタンプを作るとしても
これが守れていないとやりとりでのトラブルや誤解の元になります。

どんな意図のスタンプであれ相手を喜ばせることを踏まえて制作することが
愛されるスタンプの秘訣となります。
そのためには女性受けがいいもの、男性受けがいいものを相手の反応をみて探ってみるのも良いかもしれませんね。
そうした経験はきっと次の制作に生かされることでしょう。

際どい表現のスタンプを作る機会があるかもしれませんが性別や年齢によって受け取り方が違うので
作る前にはきちんと思案してみてください。
ネットのやりとりが今後の付き合いに影響を及ぼす可能性も今の時代十分にあり得ます。

LINEスタンプは作る人によって色んな個性が出しやすいもの。
せっかく自由に作るのですから自分の個性を残した上で使いやすいLINEスタンプを作って欲しいと思います。
そのためには是非上記の事柄を参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です