意外に簡単!?面白系オリジナルLINEスタンプの作り方

LINEスタンプで人気なのはなんといっても人を楽しませたり笑わせるような面白系スタンプ。
中高生といった若年層を初めとして様々な世代のやり取りに使われています。

こうしたオリジナルLINEスタンプ 作成は現在専門業者に頼むことにより手軽に作れるようになりましたが
どうしたら面白いものが作れるのか、いざ考えると難しいですよね。
今回はそんな面白系オリジナルLINEスタンプを作るために考えておきたいことを紹介します。
 

・絵柄を工夫をする

やはりパッと見て良い反応が欲しい場合は絵柄のインパクト性が必要です。
絵に自信がある人はこれだけでも笑いや楽しさを相手に与えることが出来ますね。

でも絵に自信がないけど自分の絵で面白いスタンプを作りたいんだ!という人も居るはず。
そんな時には何に気をつけたらいいのでしょうか。

まずは面白さを分かりやすく表現することが第一。
LINEスタンプを作って相手にイマイチな反応を受ける人にありがちなのが
スタンプ自体が見辛いこと。
例を挙げるとすれば作り自体が雑であったり色が激しかったりする場合。

これらは面白く無いのではなく何をしているか分からないから反応に困るといったパターンが多いのです。
ですから、はじめのうちはシンプルな物を作ることを心がけると良いでしょう。
色数も3~4色に絞るとぐっと見やすくなりますよ。

伝わりやすければ、共感も得られやすいのでまずはそこから考えてはいかがでしょうか。

万人に受けることを望むなら一つ一つ違うテイストで
作って色んな人の反応を見てみる、ということも必要かもしれません。

笑いや親しみを取りやすい一つの方向性として身内ネタ、下ネタなども定番ですが人を選ぶため計画はご利用的に。
使用する場合は出来るだけあなたの人柄を知っている人に対して送ったほうがトラブルが起きにくいでしょう。

・使うシチュエーションを工夫する

次に考えるポイントとしてはそのスタンプを使うタイミングや状況はどこかということ。
普段一般的な会話のやり取りの中で使う物でも良いですがここぞという時に使えるものだと
やりとりをしている相手も意表を突かれる形で楽しんだり面白がったりしてくれるかもしれません。
限られた使用意図のスタンプが作れるのもオリジナルならではの強みです。

但しあまりにも使える状況が限定的すぎると相手に自分のスタンプを見せる機会自体がなくなってしまうので注意してください。

また複数のパターンがあると良いでしょう。
例えば相手が悲しんでいる時、変にくだけたスタンプを送れば相手からの共感は得られにくいと言えます。
それどころか反感を持たれるかもしれませんね。
ネットの場では顔が見えない分そういった事は起こりやすいのです。

こうした状況の時には場を温めるような、少しだけ相手を陽気にさせるような
スタンプも併用して使うとさらに使い心地も上がります。
そうした理由から出来るだけ相手との温度差に沿ったスタンプ枚数があるのがベストです。

面白系LINEスタンプは様々なものが販売していたりしますが自分で手作りすることで
愛着が湧き親しみ深いものとなります。
またオリジナルという点で他の方に注目される機会もあるでしょう。
今回紹介した事柄を踏まえればそういった面白系スタンプもちゃんと作れます。
個性的であればあるほど使う人の存在を印象深くできるこの面白系LINEスタンプ、
是非一度作成してみては如何でしょうか。
きっとあなたの魅力が際立った素敵なスタンプが出来るはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です